ちょっとした不注意で耳を少し切った。浅い傷は痛いと云うよりもかゆい。

朝起きて薄い毛布を被ったまま這って窓を開けた。請負の仕事が残っていて面倒くさいなあと思いながらPCも開けて、ぽわぽわpさんのブラウンをいつもより音量を上げて流していたら、ベランダの物干し竿に雀が一羽停まってずっと鳴いていた。曲が終わると飛んで行った。偶然かもしれないけどちょっと嬉しいなと思った。

 

最近、環世界について調べているけれどメルロ=ポンティの身体論とすごく相性がいいなと思った。身体の解離を極限まで行えば何か見えるんじゃないかと思っていたのだけど、どんなに解離がひどくたって決してこの身体から脱することはできないので、あまり良い手段ではないなと薄々思っていた。本当に身体から解脱するのなら、その逆で内へ内へと深く潜ることが必要だった。この辺りは西田幾多郎の哲学とかに繋がるかもしれない。もしほんとうの宗教と云うのが海底ならば、そこから見上げて見る光は何なのだろう。僕はプラトンをよく知らないのだけど、もしかするとそれはイデアのようなもので、そこで見たものに魅せられることは岡潔の言う情緒とかそういうものなのかもしれない。

あとは最近、これがTwitterで流れて来てからすごく好きで時々聴いてる。